【スタポケ】馬封石を無課金プレイで300個手に入れる方法を見るにはここをクリック!!

【スタポケ攻略】調教は芝・ダート・ウッド・ポリトラック・坂路どれが効率が良いのか?

スタポケ攻略情報 スタポケ最新情報


こんにちは。スタポケ攻略ブログ管理人です。

今回はオススメの調教方法について書いていこうと思います。

競争馬を育成していく上で重要なのは調教。

芝・ダート・ウッド・ポリトラック・坂路

他にもプール調教などいろいろありすぎて

どの調教をいつ行えば効率よく馬を育てられるかわかりませんよね?

そこで今回は調教のコツを書いていこうと思います。

Unknown

 

馬を育成していく上で調教は非常に重要です。

調子や馬体重はレースにモロ直結しますし

どんなに強い馬を産んでも育成がダメでは取りこぼします。

なので今回を機にしっかり効率の良いパターンを学んでいきましょう!

スタポケ攻略|調教の種類

まずは調教の種類と効果を覚えておきましょう。

 

【芝コース】

競り合い強化。スピード力をアップする。(芝適性のある馬により効果が変化)

 

【ダートコース】

競り合い強化。スタミナ力をアップする。(ダート適性のある馬により効果が変化)

 

【ウッドコース】

馬体を調整する。スタミナ力をアップする。(AW適性のある馬により効果が変化)

 

【ポリトラックコース】

折り合い強化。瞬発力をアップする。(スタート適性のある馬により効果が変化)

 

【坂路】

スピード力をアップする。

 

【プール】

心配機能の強化。(重馬場適性のある馬により効果が変化)

 

【森林馬道】

レース後に有効。疲れた体を癒す。

 

【温泉】

疲れた体をリフレッシュ。精神的なリフレッシュ効果も。

 

【ゲート】

気性効果アップ?スタートが速くなる。

 

 

調教の効果は馬によって異なりますね。

まずは自分の馬の適性や気性を理解しておきましょう。

ちなみに気性の悪い馬は調教の効果も半減します。

この場合は馬具などをつけると効果的です。試してみましょう。

スタポケ攻略|オススメ調教方法

【1】まずはレース後にリフレッシュや温泉で疲れを取る。

【2】ダート、ウッドでスタミナを強化する。

【3】レースで能力を出せるように芝、ポリトラックでスピードを強化する。

【4】レースに合わせて馬体重を気にしながら調整する。

 

 

基本的には馬体重を見ながら強め、一杯などを選んで調教を消化していく。

あまりビシバシやりすぎるとガレてしまうので注意です。

 

 

馬の調子も常に気にしながら調教を行いましょう。

調子は左上に出ている馬の顔、

スクリーンショット 2017-01-26 22.29.33

 

これで見極めることができます。

調子が悪い時は馬を追い込みすぎてもかえって逆効果になりますので

リフレッシュなり温泉なりで疲れを取るのが良いでしょう。

飼葉も調子を上げる効果のあるものを基本的に与えると良いでしょう!

 

 

あとは普通に秘書のオススメの調教をこなしていくのもいいと思います。

スクリーンショット 2017-01-26 22.33.21

 

オススメは左下の初心者マークをタップします。

だいたい秘書のオススメをやると「大成功」が出ますので

失敗はほとんどないですし安心して調教を行えますよ!

 

 

あとは、たまに出る「極秘調教」ですが、

スクリーンショット 2017-01-26 22.14.34

 

これは秘書のコメントにあった脚質に転換するといいです!

この馬のコメントの場合勝負根性が優れているということなので

勝負根性を生かせる「先行」に変更しました!

そしたら大成功でした。極秘調教が出現したら絶対に行いましょう。

 

ちなみに極秘調教は一度だけではありません。

脚質を転向してからも何度か出てくることがありますが

それもまた、コメント次第で脚質を考えましょう。

脚質を変える必要がない場合は今の脚質が合っているというコメントが出るので

同じ脚質を選んで調教しましょう!さらに強化できます!

 

 

あとはお任せ調教もあるみたいですが

これに関しては別に全ての馬を手動で行う必要もないと思います。

ある程度活躍の見込めそうな馬なら手動で、

そうでなければお任せでもいいと思います。

頭数を増やしてから全ての馬を手動で調教していると逆に効率が悪いので。

【Follow Me!】

【人気ブログランキング】

【スタポケ】馬封石を無課金プレイで300個手に入れる方法を見るにはここをクリック!!
【スタポケ】馬封石を無課金プレイで300個手に入れる方法を見るにはここをクリック!!

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事



ページの先頭へ